膵臓癌(読み)すいぞうがん

精選版 日本国語大辞典「膵臓癌」の解説

すいぞう‐がん スイザウ‥【膵臓癌】

〘名〙 膵臓にできた癌。体重減少、食欲不振、上腹部の不快感・疼痛(とうつう)・嘔吐などの症状が現われ、やがて黄疸(おうだん)が起こる。膵癌。
※私々小説(1973)〈藤枝静男〉「真の原因は意外にも膵臓癌であったことを知らされたのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「膵臓癌」の解説

膵臓癌
すいぞうがん
cancer of the pancreas

膵臓にできる。最も発生しやすいところはその頭部で,原発癌が多く,「痛みの王者」といわれる独特の疼痛で発見されることが多い。硬性癌が多く,組織学的には大部分腺癌である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の膵臓癌の言及

【膵癌】より

…膵臓癌ともいう。膵臓に発生する悪性腫瘍。…

※「膵臓癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android