コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨川寺版 リンセンジバン

大辞林 第三版の解説

りんせんじばん【臨川寺版】

五山版の一。室町時代、臨川寺から出版された図書。宋元版の覆刻が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の臨川寺版の言及

【寺院版】より

… 要法寺版京都の要法寺では円智日性(えんにちにつせい)の手で,慶長初年より活字開版が行われ,1600年(慶長5)に《法華経伝記》《倭漢皇統編年合運図》などを印行,その後も活字版および整版による開版を華々しく行った。 臨川寺版京都の臨済宗臨川寺では,1341年(興国2∥康永1)に《仏果圜悟禅師心要》《霊源和尚筆語》を開版,以後室町初期の1433年(永享5)までに十数種の開版が行われている。【庄司 浅水】。…

【臨川寺】より

…夢窓はのちに当寺を退隠所として入滅し,いまも本堂内の開山堂にその像を安置し,下に,遺骸を葬った石龕(せきがん)がある。室町前期には多くの寺領荘園をもち,京都十刹の第2位に列し,夢窓派の禅僧が相承して栄え,とくに臨川寺版(寺院版)と呼ばれる多くの禅籍の出版に寄与した。だが,応仁の乱の兵火にかかりその後は往時の寺勢に復することができず,現在は天竜寺の別院である。…

※「臨川寺版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨川寺版の関連キーワード春屋妙葩陳孟栄図書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android