自己インダクタンス(読み)じこインダクタンス(英語表記)self-inductance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己インダクタンス
じこインダクタンス
self-inductance

回路電流変化によって自分自身に生じる起電力の大きさを表わす量。単位はヘンリー自己誘導係数ともいう。コイルに電流 I を流すと,コイルの鎖交磁束数 Φ (コイルの巻数とコイルを貫く磁束との積) は電流に比例し,ΦLI と書ける。 L を自己インダクタンスと呼ぶ。コイルの巻数,寸法,周囲の媒質によって定まる定数で,前述の関係式によって計算することができる。電流 I が時間とともに変化すると,コイルを貫く磁束も変化するので,電磁誘導の法則により,e=-/dt=-LdI/dt の起電力がコイルに発生する。すなわち自己インダクタンス L のコイルは,電流変化が1秒間に 1A のとき,L ボルトの逆起電力を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android