自律機能(読み)じりつきのう(英語表記)autonomic function

世界大百科事典 第2版の解説

じりつきのう【自律機能 autonomic function】

自律機能は,植物性機能あるいは不随意機能と呼ばれ,生体にとって最も基本的な,循環呼吸消化排出代謝分泌体温生殖などの諸機能のことをいう。自律機能は,生体内の内部環境を常時生命の維持に最適な状態に保つように主として自律神経系ホルモンによって調節されているが,一部運動神経系によっても調節されうる。また,神経とホルモンの調節以外にも,たとえば心臓血液が増えると心臓の働きが亢進するように,自律機能に関与する諸器官そのものの状態によっても自動的に調節される場合もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自律機能の関連情報