コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自治紛争調停 じちふんそうちょうてい

1件 の用語解説(自治紛争調停の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自治紛争調停
じちふんそうちょうてい

地方自治法上の制度。地方公共団体相互の間またはその機関相互の間の紛争を自治紛争調停委員が行なう調停によって解決しようとするもの。国の監督権の発動でこれらの紛争の解決をはかることは地方自治の本旨に反するので,地方自治法に特別の定めのあるものを除いて,都道府県またはその機関が当事者となるものは総務大臣が,その他のものは都道府県知事が,当事者の申請に基づきまたは職権で自治紛争調停委員の調停に付することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自治紛争調停の関連キーワード一部事務組合住民特別地方公共団体吏員地方自治体市制自治体市町村自治制地方自治団体

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone