コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟成分 なんせいぶん soft component

1件 の用語解説(軟成分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟成分
なんせいぶん
soft component

大気中の宇宙線で,厚さ 10cm 程度の鉛で吸収される成分。硬成分の対比語。主体は電子,陽電子であるが,低エネルギーの μ 粒子,陽子,π 中間子も含まれる。また,電子,陽電子,光子のいわゆる電子成分と同じ意味に使われることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の軟成分の言及

【宇宙線】より

…また,γ線は宇宙線源の近傍で強く放出されるはずなので,γ線点源の探索もなされている。
[軟成分と硬成分]
 一次宇宙線が大気中に突入すると,陽子は約80g/cm2(ここでg/cm2は物質の厚さ(この場合は大気)を示す単位で,密度ρg/cm3の物質lcmの層をρlg/cm2と表す),ヘリウムは約45g/cm2,鉄は約14g/cm2の平均自由行路で空気を構成している原子核と衝突し,シャワーshowerと呼ばれる二次粒子発生現象でエネルギーを失う。このため一次宇宙線は大気の深さとともに指数関数的に強度を減じ,地上に到達するものはほとんどなく,したがって地上の宇宙線は二次宇宙線である。…

※「軟成分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

軟成分の関連キーワード一次宇宙線宇宙線空気シャワー二次宇宙線空中電気炭素一四深宇宙炭素14法皆川理梶田隆章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軟成分の関連情報