コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬成分 こうせいぶんhard component

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬成分
こうせいぶん
hard component

大気中の宇宙線で厚さ 10cm程度の鉛を透過する成分。軟成分の対比語。低空と地上ではその大部分はμ粒子で,一次宇宙線が上空で空気の原子核との衝突でつくった荷電π中間子崩壊生成物である。高度ゼロで,硬成分は宇宙線全強度の約2/3を占め,1cm2の水平な面積に毎秒約 0.01個の割合で入射する。エネルギーは3億 eV以上である。非常に高エネルギーのものは数 kmの地下まで貫通し,観測されている。硬成分の強度は高度とともに増大する。またその組成も変化し,大気上空近くでは陽子が主成分になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の硬成分の言及

【宇宙線】より

…また,γ線は宇宙線源の近傍で強く放出されるはずなので,γ線点源の探索もなされている。
[軟成分と硬成分]
 一次宇宙線が大気中に突入すると,陽子は約80g/cm2(ここでg/cm2は物質の厚さ(この場合は大気)を示す単位で,密度ρg/cm3の物質lcmの層をρlg/cm2と表す),ヘリウムは約45g/cm2,鉄は約14g/cm2の平均自由行路で空気を構成している原子核と衝突し,シャワーshowerと呼ばれる二次粒子発生現象でエネルギーを失う。このため一次宇宙線は大気の深さとともに指数関数的に強度を減じ,地上に到達するものはほとんどなく,したがって地上の宇宙線は二次宇宙線である。…

※「硬成分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硬成分の関連キーワード二次宇宙線自然放射能

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android