自由放任(読み)ジユウホウニン

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐ほうにん〔ジイウハウニン〕【自由放任】

各人の思いのままに任せて、干渉・束縛・統制などをしないこと。「子供の自由放任はよくない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自由放任の言及

【経済学原理】より

…初版では,D.リカード以来の演繹(えんえき)的理論に依拠して,価格が需給関係により決まり,賃金,利潤,地代など所得の分配も人意を超えた自然法則によって決まるとされた。この認識は政府介入の余地を否定する自由放任の主張につながる。しかし第3版からは,〈富の生産〉が自然法則に支配されるのに対し,〈富の分配〉は一定の条件に支配されながらも人間の意志ひいては社会制度の変化によって改善されうる余地のあることが主張された。…

【自由放任主義】より

…自由放任ということばはA.スミスの《国富論》(1875)の主張を要約したものとして知られている。そして,しばしば,自由放任,レッセ・フェールとは現実の経済をあるがままに放置せよ,あるいは,すべての経済主体とくに生産者(企業)に好き勝手にやらせるのがよい,という意味であるかのように誤解されてきた。…

※「自由放任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由放任の関連情報