自由料率

保険基礎用語集の解説

自由料率

各保険会社が、危険の実態、過去の実績、市場の状況などに照らして独自の判断で算出する保険料率のことを指します。代表的なものとしては貨物保険があり、この保険では、貨物の種類、荷造、性質、輸送用具、輸送経路、季節などの要素を勘案して、保険会社が個々に保険料率を算出しています。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android