コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自発放出 じはつほうしゅつspontaneous emission

3件 の用語解説(自発放出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自発放出
じはつほうしゅつ
spontaneous emission

自然放出,自発放射ともいう。励起状態にある原子や分子などが,外から電磁場などの刺激を加えなくても,自発的に光などを放出して,より低いエネルギー定常状態に移る現象。時間 t とエネルギー E の間には不確定性関係 ΔtΔEh/2π ( hプランク定数 ) が成り立つから,自発放出の寿命を τ とすると,放出粒子スペクトル線h/2πτ の幅をもつことになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

自発放出【じはつほうしゅつ】

自然放出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone