コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然放出 シゼンホウシュツ

百科事典マイペディアの解説

自然放出【しぜんほうしゅつ】

自発放出とも。原子や分子などが励起状態にあるとき,外部からの作用によらず自然に光(電磁波)を放出してエネルギーの低い他の定常状態に移る現象。物質からの発光現象大部分自然放出によるもので,発光が個々粒子で独立に乱雑に起こるため,合成された放出光は位相の乱れた光となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんほうしゅつ【自然放出 spontaneous emission】

原子や分子などが励起状態にあるとき,外部から何も刺激がなくとも自然に光(電磁波)を放出してエネルギーの低い状態に移る現象。直観的には,振動する電気的双極子から放出される電磁波という描像によっても理解できるが,その正しい起源と性質は量子力学によって初めて説明される。物質からの発光現象の大部分はこの過程によるものであり,その際個々の粒子からの発光過程は独立に,乱雑に起こるので,合成された放出光は位相の乱れたインコヒーレントな光となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんほうしゅつ【自然放出】

原子や分子などが、外部の光や電子の衝突なしに自然に高い励起状態から低い励起状態に遷移して光(電磁波)を放出する現象。自発放射。 → 誘導放出

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然放出
しぜんほうしゅつ

自発放出」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の自然放出の言及

【光】より

…そしてこの光量子仮説を原子構造にとり入れることによって,N.H.D.ボーアは,原子の定常状態のエネルギーはとびとびの値しかとらず,原子がエネルギー2の定常状態から1(21)の定常状態へ遷移するとき,hν=21なる振動数νの光を放出するとして,原子スペクトルの規則性に説明を与えたのである。
[自然放出と誘導放出]
 物質からの可視光や紫外光の放出は,通常,原子内電子の定常状態間の遷移による。高いエネルギーの定常状態にある原子は,より低いエネルギーの定常状態に自発的に遷移するので,このような機構による光の放出は自然放出と呼ばれる。…

【レーザー】より

…lightをmicrowave(マイクロ波)におきかえたメーザーmaserと同じ原理に基づく。
[原理]
 分子(または原子,イオン)から電磁波(光もマイクロ波もその一種)が放射される機構は,自然放出と誘導放出の二つに大別される。分子の二つのエネルギー準位E1,E2(E2E1)に注目して考えると,自然放出は,E2の状態にある分子が外部からの刺激なしにE1の状態に遷移し,その際に電磁波が放射される現象である。…

※「自然放出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自然放出の関連キーワード半導体レーザー窒素レーザールミネセンススペクトル光増幅器量子光学放射光学

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android