コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化物中毒 しゅうかぶつちゅうどくbromide poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭化物中毒
しゅうかぶつちゅうどく
bromide poisoning

臭化物の経口摂取による中毒。臭化物は,胃に入って胃酸と接触すると臭化水素となり,刺激性の酸として作用する。主として中枢神経系および腎臓が侵され,嘔吐,下痢,腹痛,傾眠,昏睡,けいれん,高血圧,乏尿,血尿,溶血などの症状が現れる。治療には胃洗浄と下剤の投与,チオ硫酸ソーダの静脈注射を行う。重症の場合は,腹膜灌流または血液透析を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

臭化物中毒の関連キーワード臭化物

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android