至微(読み)シビ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐び【至微】

〘名〙 (形動)
① きわめて小さいこと。非常に微細なこと。また、そのさま。〔文明本節用集(室町中)〕
※明六雑誌‐二二号(1874)知説・四〈西周〉「既に其体至微にして円々なるを知れば」 〔淮南子‐本経訓〕
② きわめて卑しいこと。また、そのさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「至微至賤の民と雖ども」 〔李密‐陳情表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android