コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九天 キュウテン

5件 の用語解説(九天の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐てん〔キウ‐〕【九天】

古代中国で、天を方角により九つに区分したもの。中央を鈞天(きんてん)、東方を蒼天(そうてん)、西方を昊天(こうてん)、南方を炎天、北方を玄天、東北方を変天、西北方を幽天、西南方を朱天、東南方を陽天という。
天の最も高い所。九重の天。⇔九地
「春琴を―の高さに持ち上げ百歩も二百歩も謙(へりくだ)っていた」〈谷崎春琴抄
宮中。九重(きゅうちょう)。ここのえ。
大地を中心に回転する九つの天体。日天・月天・水星天・金星天・火星天・木星天・土星天・恒星天・宗動天をいう。くてん。

く‐てん【九天】

きゅうてん(九天)4」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうてん【九天】

古代中国で、天を九つに区分した称。中央を鈞天きんてん、東方を蒼天そうてん、西方を昊天こうてん、南方を炎天、北方を玄天、北東方を変天、南東方を陽天、南西方を朱天、北西方を幽天という。
天の高い所。九重の天。天界。 ↔ 九地
宮中。ここのえ。
地球を中心として回転すると考えられた九つの天体。日天・月天・水星天・金星天・火星天・木星天・土星天・恒星天・宗動天。くてん。

くてん【九天】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九天の関連情報