コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九天 キュウテン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐てん〔キウ‐〕【九天】

古代中国で、天を方角により九つに区分したもの。中央を鈞天(きんてん)、東方を蒼天(そうてん)、西方を昊天(こうてん)、南方を炎天、北方を玄天、東北方を変天、西北方を幽天、西南方を朱天、東南方を陽天という。
天の最も高い所。九重の天。⇔九地
「春琴を―の高さに持ち上げ百歩も二百歩も謙(へりくだ)っていた」〈谷崎春琴抄
宮中。九重(きゅうちょう)。ここのえ。
大地を中心に回転する九つ体。日天月天・水星天・金星天・火星天・木星天・土星天・恒星天・宗動天をいう。くてん。

く‐てん【九天】

きゅうてん(九天)4」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうてん【九天】

古代中国で、天を九つに区分した称。中央を鈞天きんてん、東方を蒼天そうてん、西方を昊天こうてん、南方を炎天、北方を玄天、北東方を変天、南東方を陽天、南西方を朱天、北西方を幽天という。
天の高い所。九重の天。天界。 ↔ 九地
宮中。ここのえ。
地球を中心として回転すると考えられた九つの天体。日天・月天・水星天・金星天・火星天・木星天・土星天・恒星天・宗動天。くてん。

くてん【九天】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九天の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩アミール・ホスロービトルージー天文義論ケルビム足利学校九重の天玄天昊天蒼天炎天天界九霄八神宮中九重

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android