臼井富之祐(読み)うすい とみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井富之祐 うすい-とみのすけ

1840-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年奇兵隊にはいる。同年井原主計にしたがい京都にいく。翌元治(げんじ)元年7月禁門の変で福原越後のもとでたたかい,19日負傷して自刃(じじん)した。25歳。名は胤勝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android