興信法親王(読み)こうしんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興信法親王 こうしんほうしんのう

1358-1391 南北朝時代,崇光(すこう)天皇の第2皇子。
延文3=正平(しょうへい)13年生まれ。母は源資子。京都勧修寺(かじゅうじ)の尊信法親王のもとで出家,のち親王宣下をうける。安祥寺寺務,勧修寺長吏などを歴任。明徳2=元中8年4月5日死去。34歳。号は施無畏王院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android