コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊信法親王 そんしんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊信法親王 そんしんほうしんのう

1324-1380 南北朝時代,恒明(つねあき)親王の王子。
正中(しょうちゅう)元年生まれ。亀山天皇の孫。真言宗勧修寺(かじゅうじ)の寛胤法親王について出家し,灌頂(かんじょう)をうける。応安6=文中2年同寺長吏,東大寺別当となり,親王宣下。後宝泉院とよばれた。康暦(こうりゃく)2=天授6年4月22日死去。57歳。俗名は恒胤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊信法親王の関連キーワード興信法親王南北朝時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android