コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌診 ぜっしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌診
ぜっしん

漢方の診断法の一種。舌苔有無,舌苔の厚薄や色調,舌乳頭の状態,舌の亀裂の有無等によって疾病の状態を診断する方法。乳頭が正常に認められ,無苔の状態が健康である。疾病によっては白苔,褐苔,黒苔などが認められたり,乳頭が消失したり,多くの亀裂をみる場合があり,そのそれぞれに対して治療の指針が与えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の舌診の言及

【四診】より

…望とは視診であって,黄疸とか皮膚の発疹の観察のように西洋医学と共通するものもあるが,栄養状態とか皮膚の色沢などから患者の一般状態を判断し,それを治療に大きく反映させるという,より積極的な意義ももっている。外観のほかに重視されるのは舌診であって,舌苔の状態が細かく分類されている。聞診は患者の咳や呼吸音,胃部の振水音などによる診断法であるが,音声の力の有無によって状態を判断するなど,西洋医学と違った点もある。…

※「舌診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舌診の関連キーワード漢方医学四診

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌診の関連情報