コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞天(ぶーてん)

デジタル大辞泉プラスの解説

舞天(ぶーてん)

沖縄県、崎山酒造廠(しょう)が製造する泡盛

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ぶーてん【舞天】

沖縄の泡盛。酒名は、2代目当主と親交があった沖縄の漫談家・小那覇舞天にちなみ命名。仕込み水に恩納岳の軟水の伏流水を使用。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数35%。蔵元の「崎山酒造廠」は明治38年(1905)創業。所在地は国頭郡金武町字伊芸。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内の舞天(ぶーてん)の言及

【東盟】より

…国中大会,名を東盟と曰う〉とあり,収穫時の祭天の儀礼を東盟とよんだらしい。夫余の迎鼓,東濊(とうわい)の舞天なども同じく収穫後に歌舞飲食を楽しんだものという。また別に高句麗の伝説上の始祖の東明王を東明とよぶ場合もある。…

【濊貊】より

…その社会組織には中国の影響も見られるが,いまだ全部族を統轄する最高権力者は出現せず,渠帥といわれる部落の長老が中国の間接支配下にあったようである。彼らの宗教は,10月の収穫時に天を祭って全部落が歌舞飲酒する(舞天)というシャマニズム的な特色をもつものであったことが記されている。【村山 正雄】。…

※「舞天(ぶーてん)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舞天(ぶーてん)の関連キーワード弥彦舞楽(やひこぶがく)鷲宮催馬楽神楽小那覇 舞天照屋 林助朝鮮音楽朝鮮舞踊朝鮮演劇沖縄県東盟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android