舟師(読み)しゅうし

精選版 日本国語大辞典「舟師」の解説

しゅう‐し シウ‥【舟師】

〘名〙
① (「」は軍隊の意) 水軍海軍。水師。ふないくさ。
※日本外史(1827)五「通郷、弾正推金谷経氏将、師赴救」
※日本教育史略(1877)教育志略〈大槻修二〉「神皇后舟師を率ゐて三韓を討伐す」 〔春秋左伝‐昭公一九年〕
② 舟の運行を指揮する人。ふなこ。舟人。船頭舟子。転じて、悟りの彼岸に導く人。
※私聚百因縁集(1257)八「古今未曾有の先徳なり。往生勧発舟師(シウシ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「舟師」の解説

【舟師】しゆう(しう)し

水軍。舟いくさ。〔左伝、襄二十四年〕楚子、舟師を爲(つく)りて以てを伐つ。軍を爲さず、功無くしてる。

字通「舟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android