コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性航法 カンセイコウホウ

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐こうほう〔クワンセイカウハフ〕【慣性航法】

航空機・船舶・ロケットなどの航法の一。ジャイロ加速度計などで移動中の加速度を測定し、積分計算によって速度・飛行距離を算出して自己の位置を求めながら所定の航路を航行する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

慣性航法【かんせいこうほう】

地物,天体や電波などの媒介によらず,三次元の加速度を検出して,速度,移動距離などをコンピューターによって算出する航法。航空機,潜水艦をはじめ,ロケットやミサイルの誘導(慣性誘導という)にも利用されている。
→関連項目グリッド航法航空計器航法自動操縦装置自動飛行制御システム推測航法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせいこうほう【慣性航法 inertial navigation】

検出した加速度を基に自分の位置を求める航法で,三次元の加速度を測定する加速度計およびこの加速度から速度,移動距離などを計算するコンピューターなどから成る慣性航法装置(INSinertial navigation systemの略)を用いる。従来の天体測定による航法,あるいは地上局からの電波による航法と異なり,外部からの援助を必要としないので,悪天候,電波障害などの外界の影響を受けることなく,短時間に現在位置を含む種々の航法諸元を算出表示することができ,慣性航法装置を装備した航空機では航空士を必要としない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんせいこうほう【慣性航法】

航空機・船舶などが、自己の加速度を検出し、速度・移動距離などをコンピューターで計算して自分の位置を求める航法。 → 慣性誘導装置

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の慣性航法の言及

【航法】より

…この方位と距離による位置決定を一つのシステムで行えるのがレーダーである。また,一般には方位と距離による位置の決定とは考えられていないが,慣性航法もこの典型的な例といえる。慣性航法による位置決定の原理は,X,YおよびZ軸の加速度を検出する加速度計により移動体の運動の加速度を検出し,それぞれを時間積分をして速度を求め,さらにもう一度時間積分して距離を求めるというものである。…

※「慣性航法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慣性航法の関連キーワードロッキード・マーティンPホンダ・エレクトロ・ジャイロケータINS(慣性航法装置)イナーシャルガイダンスストラップダウン方式カーナビゲーションドップラーレーダージャイロスコープボーイング747飛行記録集積装置航空保安無線施設ドップラー航法原子力潜水艦慣性誘導装置ノーチラス号Cパイロットエリア航法航空従事者SINS

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慣性航法の関連情報