コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水先案内人 みずさきあんないにんpilot

翻訳|pilot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水先案内人
みずさきあんないにん
pilot

水先人,パイロットともいう。船舶が港湾,河川などの狭い水路を通航するとき,その船に乗込んで安全に運航するように導く案内人。水先法 (昭和 24年法律 121号) と関係政令によって,水先人を必要とする水域 (水先区) と,水先人の資格が定められている。現在全国に 39の水先区があり,このうち横浜,横須賀,神戸,関門,佐世保,那覇など 11区域は強制水先区に指定されており,一定トン数 (外国船 300t,内航船 1000t) 以上の船舶には水先人をつけなければならない。また総トン数1万t以上の船舶を対象とする強制水先区は,東京湾,明石,備讃瀬戸,来島の4区となっている。水先人の資格は,水先人試験に合格し,希望する水先区で3~4ヵ月の実務訓練を受け,最終審査ののち免許が与えられる。条件として3年以上の船長経験者 (3000t以上の船舶) となっている。水先人を本船に送迎する水先船は,小型の港内用から数百tの外洋用まであり,水先人の乗船を示す"H"旗を掲げる。水先料は,水先区ごとに船舶の大きさに応じて,省令で定めてある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水先案内人

港に入ろうとする客船やタンカーなどに乗り込んで船長に周辺の地形や気象状況を伝え、操船の方法を助言する仕事。水先法は交通量の多い全国35カ所の水域を「水先区」とし、国家試験に合格した「水先人」の資格がなければ水先案内ができないとしている。水先区以外の場合、資格がなくても大型船の操船経験があれば案内可能。高知県内には、資格が必要な水先区はない。

(2016-09-03 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みずさき‐あんないにん〔みづさき‐〕【水先案内人】

水先人
(比喩的に)先導して行く先を示す人・役目。「改革開放の水先案内人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずさきあんないにん【水先案内人】

水先人の旧称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水先案内人
みずさきあんないにん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水先案内人の関連キーワードクーパー(James Fenimore Cooper)ガマ(Vasco da Gama)マーク・トウェーンマーク トウェインイスマーイーリーヤシンガポール海峡バスコ・ダ・ガママラッカ海峡問題イブン・マージド中国と市場経済グレーブゼンド航海上の過失ウェルゲラン三浦安針墓槁根津日子カリカット大航海時代ハーグ規則二十六聖人バフィン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水先案内人の関連情報