コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船原[温泉] ふなばら

百科事典マイペディアの解説

船原[温泉]【ふなばら】

静岡県伊豆市にある温泉。ボウ硝苦味泉。46〜70℃。狩野川の支流船原川に沿う谷あいにあり,狩猟地としても知られる。修善寺からバス。
→関連項目天城湯ヶ島[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなばら【船原[温泉]】

静岡県田方郡天城湯ヶ島町上船原にある温泉。泉質は単純泉,ボウ硝泉,泉温47~80℃。天城山の北麓狩野(かの)川の支流船原川の渓谷にわき,1924年伊豆箱根鉄道が修善寺まで開通してから湯治客が増加した。一帯は源頼朝がたびたび狩猟を行ったところと伝えられる。川魚や山菜を串にさして焼いて食べる〈お狩場焼〉と純金風呂が名物。冬季は天城一帯の狩猟客でにぎわう。【榊原 貴士】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android