コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天城山 あまぎさん

7件 の用語解説(天城山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天城山
あまぎさん

静岡県東部,伊豆半島中部にある山。万三郎岳 (1406m) ,万二郎岳 (1300m) が主峰の複合火山。山体は安山岩から成る。山頂群は天城火山の外輪山で箒木山 (1024m) ,万二郎岳,万三郎岳,八丁池,三筋山を結ぶと,ほぼ円形となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あまぎ‐さん【天城山】

静岡県伊豆半島中東部の火山群。最高峰は万三郎岳で標高1405メートル。杉・檜(ひのき)などが茂り、江戸時代は幕府の御料地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天城山【あまぎさん】

静岡県伊豆半島中部の火山。爆発で崩壊した火口を中心に外輪山の万三郎岳(最高点で1406m),万二郎岳,側火口の八丁池,寄生火山の遠笠(とおがさ)山,矢筈山などがあり,山体は安山岩からなる。
→関連項目日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あまぎさん【天城山】

静岡県伊豆半島の中東部を占める火山。この半島の最高峰である万三郎(ばんざぶろう)岳(1406m)を主峰とし,洪積世以来長期にわたって形成され,本体はおもに安山岩質の溶岩からなる。本体の形成に先立ってまず南部の浅間山(516m),三筋山(812m),登り尾(1057m)などの活動があり,続いて白田川の源流にあたる主火口から多量の溶岩が北・東の方向に流下して本体が形成された。その後,山腹から山麓にかけて多数の小火山体(寄生火山)が噴出したが,そのうち洪積世末までに形成されたものには八丁池側火口や遠笠山(1197m)などがあり,また沖積世に活動したものには丸野山(696m),鉢窪山(674m),鉢山(619m)などの玄武岩質の岩さい丘と,岩山(602m),矢筈山(816m),孔の山などの流紋岩質の小塊状火山とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あまぎさん【天城山】

静岡県、伊豆半島中央部にある火山群。最高峰は万三郎岳、海抜1406メートル。杉・松・檜ひのきなどが繁茂し、江戸時代は天領であった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕天城山(あまぎさん)


静岡県伊豆(いず)半島中部に噴出した火山群の総称。白田(しらた)山を中央火口丘とし、主峰の万三郎(まんざぶろう)岳(標高1406m)などの外輪山、遠笠(とおがさ)山ほかの側(そく)火山が連なる。富士箱根伊豆(ふじはこねいず)国立公園に属す。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。江戸時代は幕府直轄の御用林。マツ・スギ・ヒノキ・モミ・ケヤキ・ツガ・ハナカシワを天城七木として乱伐を厳禁した。一帯は湯ヶ島(ゆがしま)温泉・湯ヶ野(ゆがの)温泉・熱川(あたがわ)温泉などの温泉があり、伊豆スカイラインが通じる伊豆半島探勝の一中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天城山
あまぎさん

静岡県、伊豆半島中東部に連なる火山群。最高峰は万三郎(ばんざぶろう)岳(1406メートル)で、万二郎(ばんじろう)岳(1300メートル)、箒木(ほうき)山(1024メートル)がそれに次ぎ、連山は東西に延びる。更新世(洪積世)中期以降の活動によって形成された二重火山とも考えられ、成層火山で楯状(たてじょう)の形態をもつ。側火山も多いので天城火山群ともいう。天城火山の基盤は、半島に広く分布する新第三系湯ヶ島層群であり、初期の活動は南方の浅間(せんげん)山、三筋(みすじ)山、登尾(のぼりお)山などを形成し、安山岩質溶岩からなる。次の天城火山本体を形成した活動は、南東流する白田(しらた)川源流部あたりが火口と考えられ、安山岩質溶岩を噴出させた。岩石の変質作用が激しく、山体の解体が進み、侵食カルデラ状の地形を呈する。稜線(りょうせん)に沿う西部の八丁(はっちょう)池は側火口であり、東方の遠笠(とおがさ)山からは多量の溶岩を流出し、天城高原となった。完新世(沖積世。地質時代最後の世)以降にできた側火山には、南西側の鉢山や鉢窪(はちくぼ)山があり、そこからは玄武岩質溶岩も流出し、狩野(かの)川、河津川の谷を埋めて浄蓮(じょうれん)ノ滝や河津七滝(かわづななだる)をつくった。北東側の岩山、矢筈(やはず)山、などの塊状火山は流紋(りゅうもん)岩からなる。約2800年前に活動した白田峠(1197メートル)北側のカワゴ平は、火山灰の噴出と軽石質泥流の流出を特色とし、表層は天城抗火(こうか)石として採取されている。
 天城山は古くは狩野山、甘木山ともよばれ、伐木、搬出の歴史も古く、幕府直轄の御料林であった。マツ、スギ、ヒノキ、ケヤキ、クスノキ、サワラ、カシ、モミ、ツガは天城九木とよばれ、御制木として保護されていた。かつては木炭の生産、現在はワサビやシイタケが名産となっている。火山周辺は温泉にも恵まれ、湯ヶ島、湯ヶ野、峰、熱川(あたがわ)、大川などがある。植生にも特色をもち、アセビ、ヒメシャラの樹林、シャクナゲ、アマギツツジの花は天城特有の植物景観となっている。
 また、天城高原から尾根伝いに八丁池を経て天城峠に至る縦走コースは、伊豆の代表的なハイキングコースである。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天城山の言及

【伊豆国】より

… 近世中期の伊豆は,江戸地回り経済圏に入り,天城炭,伊豆石,海産物等を江戸市場に送った。天城炭は,天城山御林で御用材の原材の下付をうけて製炭,江戸に運搬され,江戸の消費にこたえた。 寛政年間,ラクスマンの根室来航等,海防問題がもち上がると,江戸湾防備上重大な立地をなす伊豆は再び注目され,1793年(寛政5)老中松平定信が伊豆東海岸を巡視したのをはじめ,1808年(文化5)鉄砲方井上左太夫の大筒試射,39年(天保10)鳥居耀蔵,江川英竜の海防見分などがあり,42年下田奉行が再置された。…

※「天城山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天城山の関連キーワード豆南諸島伊豆の国静岡県伊豆市大沢静岡県伊豆市大野静岡県伊豆市佐野静岡県伊豆市城静岡県伊豆市土肥静岡県伊豆の国市中静岡県伊豆市宮上静岡県伊豆市吉奈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天城山の関連情報