船場 太郎(読み)せんば たろう

知恵蔵miniの解説

喜劇俳優、政治家。1939年11月8日、大阪府大阪市生まれ。65年に吉本新喜劇に入団した。劇団では数少ない二枚目の看板役者として、気の弱い若旦那役を多く演じ、端正な顔立ちとスタイルの良さから「浪花のアラン・ドロン」とも称された。「せん・ばたろうです」と名乗ったり、肩をあげて「クワ~」と奇声を発したりするギャグが人気を博したが、ギャグで笑わせるだけでなく芝居の流れや話の面白さも追求した。同世代の岡八朗や花紀京(はなき きょう)、木村進らとともに黄金期の新喜劇を支え、座長も務めた。91年に退団すると、大阪市議に立候補して当選。6期24年務め、2003~04年には議長も務めた。20年11月27日、81歳で死去した。

(2020-12-03)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android