コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船木 フナギ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐ぎ【船木】

船をつくるための材木。船材。
「とぶさ立て足柄山に―伐(き)り」〈・三九一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなぎ【船木】

造船用の材木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船木
ふなき

山口県南西部、宇部(うべ)市の一地区。旧船木町は1955年(昭和30)吉部(きべ)村、万倉(まぐら)村と合併して楠(くすのき)町となり、さらに楠町は2004年(平成16)宇部市と合併した。有帆(ありほ)川中流にあり、国道2号が通じる。近世山陽道の本宿として発達し、萩(はぎ)藩舟木宰判勘場(さいばんかんば)(代官所)が置かれ、厚狭(あさ)郡の中心をなした。江戸時代中ごろから石炭採掘が行われ、特産に舟木櫛(ぐし)があった。[三浦 肇]
『長谷川卒助著『船木郷土史話』(1967・楠町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

船木の関連キーワード長野オリンピック冬季競技大会黒潮“イケメン”二郎ヒクソン グレイシーWRESTLE長野オリンピックねらわれた学園佐野(群馬県)大野荘(石川)日本武道傳骨法楠(山口県)山口県宇部市蔵重 久兵衛賀茂別雷神社蔵重久兵衛船木 枳郎弥栄[町]山陽[町]笹村 吉郎多治見国長鈴木みのる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船木の関連情報