コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くす

4件 の用語解説(楠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


くす

三重県北部,四日市市南東部の旧町域。鈴鹿川河口に位置し,伊勢湾に臨む。 1940年町制。 2005年四日市市に編入。地名は,楠正成の遺子正信が域内の本郷に築城したという説に基づくが,楠の郷名の由来については諸説があって定かでない。 1933年頃から紡織,毛織,製網,酒造などの大工場が相次いで立地した。北伊勢工業地域の一角をなす。


くすのき

山口県南西部,宇部市北西部の旧町域。 1955年船木町と吉部 (きべ) 村,万倉村の2村が合体して楠町が発足。 2004年宇部市に編入。南部を流れる有帆川河岸の船木が中心集落で,かつて山陽道 (現国道2号線) の宿場町,明治時代以後も郡役所が置かれ,この地方の中心地として栄えた。農業のほか,伝統工芸品の船木櫛や,赤間硯の特産品がある。吉部の大岩郷は国の天然記念物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楠の関連情報