(読み)くすのき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「楠」の解説


くすのき

山口県南西部,宇部市北西部の旧町域。 1955年船木町と吉部 (きべ) 村,万倉村の2村が合体して楠町が発足。 2004年宇部市に編入南部を流れる有帆川河岸の船木が中心集落で,かつて山陽道 (現国道2号線) の宿場町,明治時代以後も郡役所が置かれ,この地方の中心地として栄えた。農業のほか,伝統工芸品の船木櫛や,赤間硯の特産品がある。吉部の大岩郷は国の天然記念物。


くす

三重県北部,四日市市南東部の旧町域。鈴鹿川河口に位置し,伊勢湾に臨む。 1940年町制。 2005年四日市市に編入。地名は,楠正成の遺子正信が域内の本郷に築城したというに基づくが,楠の郷名の由来については諸説があって定かでない。 1933年頃から紡織毛織,製網,酒造などの大工場が相次いで立地した。北伊勢工業地域の一角をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「楠」の解説

楠 (クスノキ・クス)

学名Cinnamomum camphora
植物。クスノキ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android