船瓦・船𦨞(読み)ふなかわら

  • ふなかわら ‥かはら

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 刳船(くりぶね)または刳船を主体とする船体構造であった古代・中世の船の、船底から舷側までを兼ねた刳出しの船体主要材をいう。中世末期以降は、板材を組み合わせる船体構造に発展したため、船首から船尾にかけて通す船底材をいう。
※長秋記‐保延元年(1135)九月二六日「鳥羽殿遣水料、三丈船瓦三可召入也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android