コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長秋記 ちょうしゅうき

5件 の用語解説(長秋記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長秋記
ちょうしゅうき

『権大夫 (ごんのだいぶ) 記』『師時 (もろとき) 記』ともいう。源師時 (1077~1136) の日記。師時は村上源氏の出。権中納言まで昇進し,長らく皇后宮権亮 (ごんのすけ) ,権大夫の職にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長秋記【ちょうしゅうき】

権中納言(ごんのちゅうなごん)源師時(もろとき)の日記。師時は永く皇后宮権大夫(こうごうぐうごんのだいぶ)の地位にあり,皇后宮の唐名〈長秋宮〉にちなんで書名とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゅうき【長秋記】

権中納言源師時(1077‐1136)の日記。書名は,師時が永く皇后宮権大夫であったことから,皇后宮の唐名〈長秋宮〉にもとづいて名づけられた。また師時の姓名の各1字の偏をとって《水日記》ともいう。1105年(長治2)より36年(保延2)までの記事を存するが,中間に欠逸がある。ほかに1087年(寛治1)より1102年(康和4)の間の目録が伝わる。師時は有職故実に精通しており,儀式の詳しい記事が多い。東山御文庫藤原定家らの書写した古写本22巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅうき【長秋記】

権中納言源師時の日記。1105年から36年までの記録で、朝廷の儀式についての詳しい記事が多い。水日記。権大夫記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長秋記
ちょうしゅうき

権中納言(ごんちゅうなごん)兼皇后宮権大夫(ごんだいぶ)源師時(もろとき)(1077―1136)の日記。『長秋記』の名は皇后宮の唐名である長秋宮にちなんだもので、ほかに『権大夫記』『師時記』、さらには姓名の一部の「源」と「時」の偏をとって『水日記』ともいう。もとは1087年(寛治1)から1136年(保延2)まで50年間にわたって70巻近くあったというが、いまは欠巻も多く、1111年(天永2)からの13巻ほどである。師時は有職故実(ゆうそくこじつ)に明るく、鳥羽(とば)天皇の皇后美福門院(びふくもんいん)(得子)の伯父にあたることもあって宮廷の機微にも通じていた。その意味からも『長秋記』は政治、朝儀典礼を知るために欠くことのできない文献で、そのほか仏教関係、世相風俗の記事もまま見受けられる。院政期の動向を知る貴重な史料である。『史料大成』に二冊本で所収。[朧谷 寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長秋記の言及

【田楽】より

…都近くではすでにこのころには田植行事が観賞の対象とされ,芸能化しているが,もともとは信仰を背景とした民俗行事であったはずである。《長秋記》大治4年(1129)5月10日条に記される田植では,田主を専門の猿楽芸能者である弘延(こうえん)がつとめたのをはじめ,苗を植える早乙女が20人,それに懸鼓,佐々良(ささら),笛などの囃し方を田楽者と呼んで,その華やかなようすを記しているが,別に職業芸能者の田楽法師の一団も参加しており,貴族御覧の田植が一段と芸能化していたことが知られる。このようなにぎやかな田植行事は,その後神社の神田などを植える神事として各地に伝承されるが,その代表的なものが大阪市住吉大社の御田植神事(現在6月14日)で,近世まで専業の猿楽者・田楽者が参勤して,田の畦(あぜ)を舞台に芸能を演じていた。…

※「長秋記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長秋記の関連キーワード四納言納言庭田経資藤原家通藤原兼長藤原公通源雅兼源師仲源能俊《逢坂越えぬ権中納言》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone