コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船降ろし ふなおろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船降ろし
ふなおろし

漁船など,小型新造船の進水式のこと。前日までに船霊 (ふなだま) を納める儀式を行い,当日は船霊に神酒などの供物を供え,船主,船頭,船大工などが参加して儀式を行う。神職のお祓を受けてから船を海に降ろし,港内を右または左回りに3度回る。このとき船を激しく揺り動かして水船にしたり,小さな舟などの場合はひっくり返してしまうところもある。これは船の木材についていた山の神の霊を落し,新たに船霊の管轄に移すためであると説明されている。また,普段は女性を乗せることを忌み嫌うにもかかわらず,この日に限って船主の妻あるいは娘を船に乗せ,水中に投入れるような習俗もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報