コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艤装数 ぎそうすう equipment number

1件 の用語解説(艤装数の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎそうすう【艤装数 equipment number】

船の係留装置の大きさ,強度などを決定するときに用いられる数値で,船の主要寸法から一定の算式によって計算される。船には係留装置として,錨,錨鎖(びようさ),係船索などが装備されるが,これらの寸法や必要な強度,数量などをそのつど設計していては統一がとれず,また繁雑でもあるため,経験則に基づいた艤装数から割り出す方法が用いられる。〈船舶安全法〉では,船の幅と深さの和に長さを掛けた数が基本となり,これに船楼などの上部構造の寸法を付加して艤装数を定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

艤装数の関連キーワード軌道論磁束計分級同定係留係留機雷クヌーセンの流れフォスターの公式関西間リスク値

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone