コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艤装数 ぎそうすうequipment number

世界大百科事典 第2版の解説

ぎそうすう【艤装数 equipment number】

船の係留装置の大きさ,強度などを決定するときに用いられる数値で,船の主要寸法から一定の算式によって計算される。船には係留装置として,錨,錨鎖(びようさ),係船索などが装備されるが,これらの寸法や必要な強度,数量などをそのつど設計していては統一がとれず,また繁雑でもあるため,経験則に基づいた艤装数から割り出す方法が用いられる。〈船舶安全法〉では,船の幅と深さの和に長さを掛けた数が基本となり,これに船楼などの上部構造の寸法を付加して艤装数を定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android