良か/善か(読み)ヨカ

デジタル大辞泉の解説

よか【良か/善か】

(九州地方で)形容詞「よい」の連用形・終止形・連体形の音変化。「それで―」「―天気」
形容詞「よし」の未然形「よけ」の上代東国方言。
「伊香保ろの沿ひの榛原(はりはら)ねもころに奥をなかねそまさかし―ば」〈・三四一〇〉
形容詞「よし」の連体形「よかる」の音変化「よかん」の撥音の無表記。
「―なりとのたまへば」〈落窪・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android