コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良助法親王 りょうじょほうしんのう

1件 の用語解説(良助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良助法親王 りょうじょほうしんのう

1268-1318 鎌倉時代,亀山天皇の第8皇子。
文永5年生まれ。母は三条局(つぼね)。弘安(こうあん)2年京都青蓮院(しょうれんいん)の尊助法親王のもとで出家後,親王となる。永仁(えいにん)7年天台座主(ざす)。のち青蓮院門跡(もんぜき)などを歴任した。文保(ぶんぽ)2年8月18日死去。51歳。著作は「無量義経疏(むりょうぎきょうしょ)」など多数。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良助法親王の関連キーワード元(中国の王朝)今出河院談天門院シルバー人材センター国民医療研究所の調査恵信尼フィリップ名語記イングランド銀行チマブエ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone