コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊助法親王 そんじょほうしんのう

2件 の用語解説(尊助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊助法親王 そんじょほうしんのう

1217-1291* 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の皇子。
建保(けんぽ)5年生まれ。貞永(じょうえい)元年出家し,妙法院のち青蓮院(しょうれんいん)にはいる。建長4年親王。のち天台座主(ざす),無動寺三昧院(ざんまいいん)検校(けんぎょう)となった。正応(しょうおう)3年12月1日死去。74歳。通称は青蓮院宮,大原宮。著作に「大講堂供養諷誦文(ふじゅもん)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尊助法親王

没年:正応3.12.1(1291.1.2)
生年:建保5(1217)
鎌倉中後期の天台宗僧。土御門上皇の子。母は法印尋恵の娘。正元1(1259)年に天台座主となり,4度にわたって座主を勤める。青蓮院門跡。後深草,亀山,後宇多天皇の3代の護持僧で,後嵯峨上皇の出家の戒師も勤めた。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊助法親王の関連キーワード土御門泰福土御門泰広後土御門天皇勾当内侍土御門土御門内裏土御門殿丹波局(4)土御門顕定土御門定実土御門資家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone