コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊助法親王 そんじょほうしんのう

2件 の用語解説(尊助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊助法親王 そんじょほうしんのう

1217-1291* 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の皇子。
建保(けんぽ)5年生まれ。貞永(じょうえい)元年出家し,妙法院のち青蓮院(しょうれんいん)にはいる。建長4年親王。のち天台座主(ざす),無動寺三昧院(ざんまいいん)検校(けんぎょう)となった。正応(しょうおう)3年12月1日死去。74歳。通称は青蓮院宮,大原宮。著作に「大講堂供養諷誦文(ふじゅもん)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尊助法親王

没年:正応3.12.1(1291.1.2)
生年:建保5(1217)
鎌倉中後期の天台宗僧。土御門上皇の子。母は法印尋恵の娘。正元1(1259)年に天台座主となり,4度にわたって座主を勤める。青蓮院門跡。後深草,亀山,後宇多天皇の3代の護持僧で,後嵯峨上皇の出家の戒師も勤めた。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

尊助法親王の関連キーワード南禅寺東山湛照サンガ南禅寺ルドルフ尊助法親王南禅寺無関普門五万分の一地図ベネチア・ガラス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone