コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量義経 むりょうぎきょうAnanta-nirdeśa-sūtra

3件 の用語解説(無量義経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無量義経
むりょうぎきょう
Ananta-nirdeśa-sūtra

大乗仏教経典。1巻。建元3 (481) 年に曇摩伽陀耶舎 Dharmagatayaśasが訳出。古来法華三部経 (→三部経 ) の一つに数えられ,開経と称される。訳語の不統一,文体,内容の諸点からみて,中国で撰述されたとも考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むりょうぎきょう〔ムリヤウギキヤウ〕【無量義経】

大乗経典。1巻。曇摩伽陀耶舎(どんまかだやしゃ)訳。481年成立。法華三部経の一。法華経の序論に当たる開経とされ、無相の一法から無量義、実相の諸法が生じることについて説いたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むりょうぎきょう【無量義経】

法華三部経の一。一巻。481年、曇摩伽陀耶舎どんまかだやしや訳。無相の一法から無量の意味が生ずると説く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

無量義経の関連キーワードクロービス総本山善通寺と五岳山米軍普天間飛行場クロビス一世春秋子路クロービス春秋スーパー・フリーク国語

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無量義経の関連情報