コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量義経 むりょうぎきょうAnanta-nirdeśa-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無量義経
むりょうぎきょう
Ananta-nirdeśa-sūtra

大乗仏教経典。1巻。建元3 (481) 年に曇摩伽陀耶舎 Dharmagatayaśasが訳出。古来法華三部経 (→三部経 ) の一つに数えられ,開経と称される。訳語の不統一,文体,内容の諸点からみて,中国で撰述されたとも考えられている。徳行,説法,功徳の3品から成り,無量の法が唯一の空相から生じることを説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むりょうぎきょう〔ムリヤウギキヤウ〕【無量義経】

大乗経典。1巻。曇摩伽陀耶舎(どんまかだやしゃ)訳。481年成立。法華三部経の一。法華経序論に当たる開経とされ、無相一法から無量義、実相諸法が生じることについて説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりょうぎきょう【無量義経】

法華三部経の一。一巻。481年、曇摩伽陀耶舎どんまかだやしや訳。無相の一法から無量の意味が生ずると説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無量義経の関連キーワード扇面法華経冊子扇面法華経犬伏瓦経塚良助法親王立正佼成会馬田 行啓扇面古写経法華経美術大乗経典久能寺経御義口伝平家納経法華十講五日十座一品経三十講開結経日蓮宗妙智会善心尼