コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良岑長松 よしみねの ながまつ

1件 の用語解説(良岑長松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良岑長松 よしみねの-ながまつ

814-879 平安時代前期の官吏。
弘仁(こうにん)5年生まれ。桓武(かんむ)天皇の孫。良岑安世の子。承和(じょうわ)5年遣唐准判官として第2船で唐(とう)(中国)にわたる。6年帰途に南海を漂流,7年大隅(おおすみ)(鹿児島県)につく。9年侍従となり,武蔵守(むさしのかみ)などを歴任。琴をよくした。元慶(がんぎょう)3年11月10日死去。66歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良岑長松の関連キーワードカールリューリクカール[大帝]凌雲集凌雲集都良香文徳実録リューリク官田在原業平

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone