コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良真 りょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良真 りょうしん

1022-1096 平安時代中期-後期の僧。
治安(じあん)2年生まれ。比叡(ひえい)山の慶命(けいみょう),明快(みょうかい)にまなび,長宴より灌頂(かんじょう)をうける。永保元年天台座主(ざす)。大僧正寛治(かんじ)7年山門内部の争いで座主を辞し,京都にうつった。嘉保(かほう)3年5月13日死去。75歳。俗姓は源(みなもと)。号は円融房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良真の関連キーワード象を喰つた連中伊差川 世瑞伊波 興厚高岡智照尼中村 十作東京の女平良真牛興世書主生さぬ仲今川義元小野小町寿桂尼林豪著く受胎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良真の関連情報