コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永長 エイチョウ

デジタル大辞泉の解説

えいちょう〔エイチヤウ〕【永長】

平安後期、堀河天皇の時の年号。1096年12月17日~1097年11月21日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいちょう【永長】

年号(1096.12.17~1097.11.21)。嘉保の後、承徳の前。堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいちょう【永長】

日本の元号(年号)。平安時代の1096年から1097年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は嘉保(かほう)。次元号は承徳(じょうとく)。1096年(嘉保3年)12月17日改元。天変と地震の凶兆・凶事を断ち切るために行われた。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永長の関連キーワード第一家庭電器[株]奈河亀輔(初代)中村平左衛門洛陽田楽記なまずがゆ徳大寺実能藤原師通奈河亀輔郁芳門院藤原伊房往生講式藤原忠通白河天皇藤原忠実藤原宗俊土屋昌仙類聚歌合大江匡房後漢書流鏑馬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永長の関連情報