コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永長 エイチョウ

デジタル大辞泉の解説

えいちょう〔エイチヤウ〕【永長】

平安後期、堀河天皇の時の年号。1096年12月17日~1097年11月21日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいちょう【永長】

年号(1096.12.17~1097.11.21)。嘉保の後、承徳の前。堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいちょう【永長】

日本の元号(年号)。平安時代の1096年から1097年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は嘉保(かほう)。次元号は承徳(じょうとく)。1096年(嘉保3年)12月17日改元。天変と地震の凶兆・凶事を断ち切るために行われた。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永長の関連キーワード第一家庭電器[株]奈河亀輔(初代)中村平左衛門なまずがゆ洛陽田楽記徳大寺実能往生講式郁芳門院類聚歌合藤原師通大江匡房藤原忠実白河天皇藤原宗俊奈河亀輔藤原忠通藤原伊房土屋昌仙平正盛源頼綱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永長の関連情報