芋の子(読み)イモノコ

精選版 日本国語大辞典の解説

いも【芋】 の 子(こ)

親芋についている小さな芋。子芋。《季・秋》
俳諧・犬子集(1633)五「芋の子もなくかずいきの露涙」
② 植物「さといも(里芋)」の異称。〔浜荻(庄内)(1767)〕
③ 瀬戸焼の茶入れの一種。その形が①に似ているところからいう。山桜芋子、雨宿芋子などが名物として知られている。
※俳諧・鷹筑波(1638)一「ほり出しは実(げに)いものこの茶入かな〈充継〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android