コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝辻理右衛門 しばつじ りえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝辻理右衛門 しばつじ-りえもん

?-1634 江戸時代前期の鉄砲鍛冶(かじ)。
日本最初の火縄銃製作者といわれる妙西(みょうさい)の孫。堺(さかい)で鉄砲鍛冶となる。慶長16年徳川家康から大坂城攻撃の大砲製作を命じられ,砲丸重量1貫500匁(約5.6kg)の鍛造砲をつくる。子孫は代々堺鉄砲鍛冶年寄役をついだ。寛永11年2月15日死去。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は助延(すけのぶ)。号は道逸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芝辻理右衛門の関連キーワード妙西(1)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android