コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花と竜

デジタル大辞泉の解説

はなとりゅう【花と竜】

火野葦平の自伝的長編小説昭和27年(1952)から翌年にかけて「読売新聞」に連載。単行本は昭和28年(1953)、上下2巻で刊行。舛田利雄の監督作品をはじめ、映画化作品が多数ある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花と竜の関連キーワード水島 道太郎石原 裕次郎田宮 二郎村田 英雄平沢 彰香山美子加藤泰

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花と竜の関連情報