コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花の本/花の下 ハナノモト

デジタル大辞泉の解説

はな‐の‐もと【花の本/花の下】

花の咲いている木の下。花の陰。 春》
《鎌倉・南北朝時代に、寺社の桜の木の下で連歌を興行したところから》地下(じげ)連歌愛好者。また、その名手への尊称。
2から転じて》連歌・俳諧の最高権威者である宗匠の称号。連歌では里村昌琢以来、里村家がこれを称した。俳諧では加藤暁台が二条家から許しを得たのが初めといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花の本/花の下の関連キーワード南北朝時代上田 聴秋桜井梅室二条康道高桑闌更八木芹舎笹屋騏六上田聴秋捩ぢ寄る乾貞恕堤梅通梅室花序鳳朗得花月居関関

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android