コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村家 さとむらけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里村家
さとむらけ

連歌師の家系。江戸幕府 300年間,毎春正月の幕府御連歌始に,花の本 (もと) 宗匠として第一の連衆をつとめた家柄。祖は里村昌休。天文 21 (1552) 年昌休の遺言によって,紹巴 (じょうは) は昌休の一子昌叱 (しょうしつ) の養育指導と里村家の再興を託され,一時里村家を継いだ。これから昌休,昌叱の子孫の南家と,紹巴,玄仍 (げんじょう) の子孫の北家とに分れた。代々法橋または法眼に叙せられ知行 100石を受けた。 (→里村紹巴 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の里村家の言及

【宗匠】より

…1448年(文安5)幕府の命により京都北野社の連歌会所の奉行職に高山宗砌(そうぜい)がつき,そのあと,能阿,宗伊,宗祇(そうぎ),兼載らが任ぜられたが,この人々は宗匠と称された。里村昌叱(しようしつ)は豊臣秀吉から,昌琢(しようたく)は徳川秀忠から朱印状を下付され,花の本(はなのもと)宗匠家として認められて,以後,里村家は幕府の連歌師を勤めた。西山宗因は里村家の推挙で大坂の天満宮連歌所宗匠となった。…

【貞門俳諧】より

…とりわけ,専門連歌師が連歌の会果ててのち余興として俳諧をもてあそぶことが流行し,そこからやがて専門の俳諧師が育っていった。連歌の名門里村家は16世紀の中ごろ南北両家に分かれたが,南家2代昌琢(しようたく)の門からは徳元(とくげん),重頼(しげより),宗因(そういん)ら,北家初代紹巴(じようは)の門からは貞徳,それに猪苗代(いなわしろ)家の縁につながる立圃(りゆうほ)らが出た。これらの人々はそれぞれ一門を構えるが,なかでも勢力のあったのは学殖と人脈に恵まれた貞徳であり,本来系列を異にする徳元,重頼,立圃らもやがてその傘下へ組み入れられてしまう。…

【連歌師】より

…やがて連歌師は世襲制によって既得の地位を守ろうとするようになる。すでに谷宗牧・宗養父子にそのきざしがあったが,それが公然とした形をとるのは里村昌休・昌叱(しようしつ)父子においてであり,昌休が昌叱の養育を紹巴に託したことから,里村家はやがて昌叱系の南家と,紹巴系の北家に分立し,江戸時代を通じて幕府に奉仕する〈連歌の家〉の代表格となる。ほかにも,幕府や地方大名に仕えた連歌師はほとんどが世襲であったことから幕末まで命脈を保つが,作者としての活動には見るべきものはない。…

※「里村家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里村家の関連キーワード花の本・花の下里村昌俔土橋宗静里村昌純其阿上人宗因昌琢

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android