コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花代 ハナダイ

デジタル大辞泉の解説

はな‐だい【花代】

芸者や娼妓を揚げて遊ぶ代金。揚げ代。玉代(ぎょくだい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなだい【花代】

芸者・娼妓などの揚げ代。線香代。玉代ぎよくだい。はな。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花代
はなだい

遊女・芸者の遊興費の通称。花の枝に結んで物を贈る故事があり、人に物を贈ることを「ハナをやる」などといい、これが祝儀の意に変わったのが語源である。花代とは現物(=花)のかわりに与える金銭のことで、祝儀料を意味した(床(とこ)花・総花など)。のちには花街の専用語となり、祝儀でなく規定の遊興費の通称として関西を中心に使用されている(関東では遊興費は玉代(ぎょくだい)という)。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

花代の関連キーワードやとな(雇女∥雇仲居)対物臨時費用担保特約料理飲食等消費税特別地方消費税花・華・纏頭明石 照子分け・別け美雪花代明石照子寿美花代高島忠夫2月6日御勤め線香代雇女揚代抜花纏頭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花代の関連情報