花山院師継(読み)かざんいん もろつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院師継 かざんいん-もろつぐ

1222-1281 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
貞応(じょうおう)元年生まれ。花山院忠経の4男。母は葉室宗行の娘。参議,権(ごんの)中納言をへて建長7年権大納言となり,康元元年正二位にすすむ。文永8年(1271)内大臣に任じられた。弘安(こうあん)4年4月9日死去。60歳。号は妙光寺。日記に「妙槐記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

花山院師継

没年:弘安4.4.9(1281.4.28)
生年貞応1(1222)
鎌倉中期の公卿。父は右大臣忠経。母は中納言藤原宗行の娘。近衛次将から仁治3(1242)年蔵人頭,寛元3(1245)年参議。以後順調に昇進して内大臣に昇る。後嵯峨・亀山上皇評定衆として仕え,博学を以て知られる。妙光寺内大臣と称し,日記『妙槐記』がある。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android