コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花曇り はなぐもり

百科事典マイペディアの解説

花曇り【はなぐもり】

春,サクラの咲くころ曇天。冬の鳥が帰るころなので鳥りとも。移動性高気圧の晴天と低気圧悪天候との間隔が短いので雲が多い。また日本南岸に前線の停滞することがあり,これも花曇りの原因となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の花曇りの言及

【日本列島】より

… 花冷えサクラの花の咲くころに急に気温が低くなる現象をいい,寒冷前線通過後の寒気や北東気流による冷気などが侵入すると起こりやすい。 花曇りサクラの花の咲くころ,空一面ねずみ色に見える曇天をいう。移動性高気圧の後面や二つの高気圧の間の気圧の谷に入ると花曇りになりやすい。…

※「花曇り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花曇りの関連キーワード榊原 紫峰枇杷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花曇りの関連情報