コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳 寿輔(2代目) ハナヤギ ジュスケ

1件 の用語解説(花柳 寿輔(2代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

花柳 寿輔(2代目)
ハナヤギ ジュスケ

大正・昭和期の日本舞踊家 花柳流家元(2代目)。



生年
明治26(1893)年10月3日

没年
昭和45(1970)年1月22日

出生地
東京・浅草

本名
花柳 芳三郎

別名
前名=尾上 菊太郎,後名=花柳 寿応(ハナヤギ ジュオウ)

主な受賞名〔年〕
舞踊芸術賞〔昭和30年〕,日本芸術院賞〔昭和31年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和42年〕

経歴
初代花柳寿輔の子として5歳の時から舞踊の手ほどきを受け、10歳で父と死別。明治37年6代目尾上梅幸、6代目尾上菊五郎の門弟となり尾上菊太郎を名乗る。43年歌舞伎界を離れ、父の後を継ぎ大正7年2代目寿輔を襲名し、花柳流2代目家元を継承。13年には花柳舞踊研究会をつくり意欲的に作品を発表、舞踊界に新風を送った。14年歌舞伎座付の振付師となり、2代市川猿之助(後猿翁)一座の振付を担当、猿翁十種呼ばれる「独楽」「黒塚」などの新舞踊を振付した。戦後は日本舞踊協会会長、理事としても活躍。昭和31年に日本芸術院賞、33年ブリュッセル万博に文化使節として一行とともに出演。35年には人間国宝の指定を受けた。38年娘のわかばに寿輔の名を譲り、自分は寿応と名乗る。他の代表作品に「夢殿」「新編越後獅子」「花咲く春」「綾の鼓」など。著書に「寿輔芸談」がある。46年生前の業績を記念して花柳寿応賞(のち花柳寿応新人賞)が制定された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone