コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナヤギ ハナヤギ Anthoplexaura dimorpha

2件 の用語解説(ハナヤギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナヤギ
ハナヤギ
Anthoplexaura dimorpha

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ホソヤギ科。高さ 20cmほどの樹枝状の群体をつくる。太さ 0.5cmほどの骨軸は紅褐色で,石灰化しないため比較的やわらかい。全面に幅 0.2cm,高さ 0.5cmぐらいの白色または淡紅色の個虫が密生し,円頭状の莢内に収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナヤギ
はなやぎ / 花海楊
[学]Anthoplexaura dimorpha

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目全軸亜目フトヤギ科に属する海産動物。相模(さがみ)湾以南の本州、四国、九州に分布し、水深10メートルぐらいまでの岩礁に生息する。群体は高さ20センチメートルぐらいになり、やや平面上に不規則に粗く二叉(にさ)分岐する。骨軸は一続きで、節部、間節部の区別はなく、ほとんど石灰化しないため弾力性がある。骨軸の髄部は広くて多房性である。共肉は鮮紅色を帯びるが、枝先のみが橙(だいだい)色を帯びることがある。枝上には径2ミリメートル、高さ5ミリメートルの非常に大形のポリプが密生し、ポリプは高さ1ミリメートルのはっきりした莢(きょう)内に完全に退縮する。群体表面にはつねにハナヤギウミヒドラが共生している。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハナヤギの言及

【ヤギ】より

… 骨軸亜目にはイソバナMelithaea flabelliferaや有用種であるアカサンゴCorallium japonicum(イラスト)などが含まれる。全軸亜目にはハナヤギAnthoplexaura dimorpha,トゲヤギAcanthogorgia japonica,ムチヤギEllisella rubraなど多くの種類がある。骨軸の硬度が高いものは加工して装飾品に用いられる。…

※「ハナヤギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナヤギの関連キーワードハナヤサイサンゴ海鶏冠珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)ウミトサカ(海鶏頭)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone