コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花色衣 ハナイロゴロモ

デジタル大辞泉の解説

はないろ‐ごろも【花色衣】

咲いている花を衣に見立てた語。また、その花の色の衣。
「山吹の―ぬしや誰問へど答へずくちなしにして」〈古今・雑体〉
はなだ色の衣。露草で染めた色の衣。移りやすい気持ちをこめて使うこともある。
「移りやすさの―」〈松の葉・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はないろごろも【花色衣】

薄い藍色に染めた衣服。縹はなだ色の着物。 「露しげみ-かへるとも/堀河集」
咲き匂う花を衣に見たてていう語。 「山吹の-ぬしやたれとへどこたへずくちなしにして/古今 雑体

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花色衣の関連キーワードヤマブキ藤の袂俳諧歌口無し

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android