コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草子洗小町/草紙洗小町 ソウシアライコマチ

2件 の用語解説(草子洗小町/草紙洗小町の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうしあらいこまち〔サウシあらひこまち〕【草子洗小町/草紙洗小町】

謡曲。三番目物。宮中の歌合わせで、小野小町の相手となった大伴黒主は、小町の詠歌を盗み聞いて万葉集に書き入れ、古歌だと主張するが、小町が草子を洗うとその歌の文字が消える。草紙洗。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草子洗小町
そうしあらいこまち

能の曲目。三番目物。五流現行曲。宝生(ほうしょう)流、金春(こんぱる)流、金剛(こんごう)流は『草紙洗』、喜多(きた)流は『草紙洗小町』と書く。作者不明。明日の宮中の歌合(うたあわせ)に、小野小町(シテ)の相手に選ばれた大伴黒主(おおとものくろぬし)(ワキ)は、小町の下読みを盗み聞いて、それを『万葉集』のなかに入れ筆をしておく。帝(みかど)(子方)をはじめ紀貫之(きのつらゆき)(主ツレ)ほかの歌人の居並ぶなかで、小町の発表した歌は古歌の盗作だと訴えられる。その筆つきを見た小町は、草紙を洗いたいと提議し、入れ筆を証明する。自害しようとする黒主を、小町は和歌への執心はこうあるべきととりなし、めでたい宴(うたげ)に小町は美しく舞い、和歌の道をたたえて終曲となる。劇的設定はあるが、のどかな王朝絵巻といった趣(おもむき)の能である。典拠は『続古事談』ほか。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone