コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草子洗小町/草紙洗小町 ソウシアライコマチ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草子洗小町
そうしあらいこまち

能の曲目。三番目物。五流現行曲。宝生(ほうしょう)流、金春(こんぱる)流、金剛(こんごう)流は『草紙洗』、喜多(きた)流は『草紙洗小町』と書く。作者不明。明日の宮中の歌合(うたあわせ)に、小野小町(シテ)の相手に選ばれた大伴黒主(おおとものくろぬし)(ワキ)は、小町の下読みを盗み聞いて、それを『万葉集』のなかに入れ筆をしておく。帝(みかど)(子方)をはじめ紀貫之(きのつらゆき)(主ツレ)ほかの歌人の居並ぶなかで、小町の発表した歌は古歌の盗作だと訴えられる。その筆つきを見た小町は、草紙を洗いたいと提議し、入れ筆を証明する。自害しようとする黒主を、小町は和歌への執心はこうあるべきととりなし、めでたい宴(うたげ)に小町は美しく舞い、和歌の道をたたえて終曲となる。劇的設定はあるが、のどかな王朝絵巻といった趣(おもむき)の能である。典拠は『続古事談』ほか。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

草子洗小町/草紙洗小町の関連キーワード能現行曲一覧忠岡三千子大友黒主増田正造七小町入れ筆謡曲路生

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android